Love & Study

恋と勉強を応援するブログ

『博士の愛した数式』を私も愛したい!(プロローグ)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

   

物語の中で登場する重要な数式

\[\Huge e^{i\pi} + 1 = 0 \]

小説の中ではこんなに素敵な描写がされています。

どこにも円は登場しないのに、予期せぬ宙からπがeの元に舞い下り、恥ずかしがり屋のiと握手をする。彼らは身を寄せ合い、じっと息をひそめているのだが、一人の人間が1つだけ足算をした途端、何の前触れもなく世界が転換する。すべてが0に抱き留められる。

オイラーの公式は暗闇に光る一筋の流星だった。暗黒の洞窟に刻まれた詩の一行だった。そこに込められた美しさに打たれながら、私はメモ用紙を定期入れに仕舞った。

 

小説・映画の中の意味は【ネタバレ】するので、これ以上ツッコミません。

本連載ではこの数式の数学的な美しさにフォーカスしたいと思います…

 

この博士の愛した数式(等式)の元になったのがオイラーの公式です↓

\[\huge e^{i\theta} = \cos\theta + i\sin\theta \]

 

ノーベル賞受賞した物理学者ファイマンさんは、この公式を人類の至宝全ての数学の中で最も素晴らしい公式と評しました。 

この記事は「その素晴らしさを中学生でもわかるように解説する」という挑戦的な連載です。

 

心がけた事は…  

Don't think! Feeeel!

f:id:yoshii_hiroto:20171117181444p:plain

頭で考えるのではなく、心で感じるのです!

 

とにかく直感的に!

全てがつながる!

 

そんな美しい数学の世界をお見せできたらいいな… そう思って書きました…

是非、読んでみて下さい!

 

序章

www.gachitan.com

www.gachitan.com

 

役者の登場

準備中です 

 

人類の至宝

www.gachitan.com